2011年04月29日

【映画に学ぶインテリア】この春は脱モノトーン。お部屋に取り入れたい自分カラー

●生活・インテリアニュース

【映画に学ぶインテリア】この春は脱モノトーン。お部屋に取り入れたい自分カラー

あなたのお部屋のテーマカラーは何ですか? 人それぞれ好きな色はあっても、お部屋となるとつい無難な色をチョイスしてしまうもの。モノトーンやブラウンに落ち着いている人も、春の明るい日差しが気持ち良いこの季節、自分カラーに模様替えしてみましょう。

 色遣いのセンス良いお部屋を見たいなら、映画「(500)日のサマー」がオススメ。「(500)日のサマー」は、運命の恋を信じる青年と、恋人を作らない主義の女の子が繰り広げるちょっぴりビターなラブ・ストーリー。グリーン・デイや、マイ・ケミカル・ロマンスなど数々のミュージックビデオを手がけた、マーク・ウェブ監督の長編初作品ながら、全米で高い評価を獲得。日本でも話題を呼びました。

 建築家を夢見つつもグリーティング・カード会社で働く主人公のトム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、新入社員のサマー(ズーイー・デシャネル)に一目ぼれ。偶然エレベーターで2人になった時にバンド“ザ・スミス”の話で盛りあがり、トムは思いを募らせていくが、サマーは「友達になりましょう」と言うだけで…。



続きを読む…

(引用先:この記事の著作権はlivedoor ニュースに帰属します)



●インテリアに…











ファッションRoom

美容と健康ブログ

最高を目指す男達のためのアイテムショップ


posted by シン委員長 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活、インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。